女性

これまでの賃貸住宅の歴史とこれからを考える

内見の重要性

スーツの男性

急ぎの方の物件探しについて

急いで賃貸物件を決めたい、例えば大学の入学試験が後期試験で合格したので入学式まであと1週間もない、急な転勤の命令ですぐにでも住む場所を決めて引越し業者の手配をしなければならないなどです。そうなるとすぐにでも決めなければなりませんから、何度も現地の不動産屋に通うことも難しいです。賃貸物件を探す時間的に余裕がないのであれば、まずインターネットで物件を探すことです。いろいろな条件を設定して検索できますので、気に入った物件があったらメールでもいいのですが問い合わせは電話のほうがはやいです。あとは現地の不動産屋と訪問日を予約して、内見させてもらえます。すぐにでも契約できるように必要な書類はきいて準備していきます。

物件は何件くらいみたらいいか

急いで物件を探すときに、賃貸物件の見学も必要です。急いでいるので見学は面倒なのでとなりますが、賃貸物件情報と実際に物件を見てみるのとではやはり違います。住んでから後悔して、また新居を探すことになるよりはきちんと契約前に忙しいとはいえ見学をしておいたほうがよいです。その賃貸物件をみる件数ですが、多ければ多いほどいいものの短期間で探すとなると3件程度にとどめておいたほうがいいです。1日で候補物件を回ると考えると、何件も周っていると最初の物件の様子も忘れてきてしまいます。また、移動時間もありますので、まわれる物件も限られてきます。そのため事前に賃貸物件情報などから吟味して3件程度にとどめておきます。